あなたと創るネットワーク    
HINT    
  特定非営利活動法人 ヒューメイン・インターナショナル・ネットワーク
あなたはきっと、りんごの木を植える
HOME HINTについて HINTの活動紹介 あなたに出来ること HINTニュース HINTコミュニティー
 
HOME > HINTの活動紹介 > 海外で出来ること > アフリカでの活動 > 奨学基金プロジェクト  
 
  奨学基金プロジェクト    
 
1994年から始まった、コンゴ民主共和国の学生に対する奨学金支援プロジェクトは、10年余の歳月を経て、既に11名が大学等を卒業し、医師、教師、公務員などそれぞれの職業で活躍するまでに成長しました。現在はまた4人の大学生への奨学金支援を行っています。

この10年の活動は、紆余曲折の連続でした。発足直後の1996年には、再度内戦が勃発し、現地のコーディネーター及び奨学生全員が避難をしなければならず、HINTと現地の連絡が数年に渡り困難になったり、2002年に起きた支援地ブカブ近郊のニーラコンゴ火山の噴火では、奨学生が被害を受けたりと様々な問題が発生しました。
 
医師になったコンゴ民主共和国の奨学生と父親 2014年


 

奨学生達の生活する町、ブカブはコンゴ民主共和国の東部、ルワンダとの国境に位置する場所にあり、反乱軍に制圧され、生活物資の不足、物価の高騰などの問題も抱えています。また、文房具も図書も圧倒的に不足し、その価格も非常に高いという状況です。

国境付近の森には未だ数十万人のルワンダ難民が取り残され、ブカブの町でも電気の供給のない夜は、武装した盗賊が民家を襲う無法地帯となっています。しかし、奨学生達は、そのような厳しい環境にも関わらず勉強を続けています。奨学生達が通う殆どの学校は、丘の中腹以上に立てられており、交通機関もなく、学生達は急坂を徒歩で通学しており、道路の状況も非常に悪い状態ですが、学生達は卒業を強く望み学業に勤しんでいます。

HINTでは今後も、このような状況下でも熱心に勉学に励み、「未来のリーダー」になりうる学生のための奨学金支援を継続して行く方針です。

コンゴ民主共和国の奨学生の方々から頂戴したお手紙、また奨学生の論文などはHINTライブラリーからご覧下さい。

 
 
     
     
  ホーム :: HINTについて :: HINTの活動紹介 :: あなたに出来ること :: HINTニュース :: HINTコミュニティー
お問い合わせ :: サイトマップ
 
Copyright Humane International Network. All rights reserved.
HINT ホーム お問合せ English